【株主優待】すかいらーく(3197)の優待を使ってガストでランチ!

ちこmama

株主優待は6月末と12月末です。

優待内容

100株以上の保有で、すかいらーくグループで使えるお食事優待カードがもらえます。12月は以下の通りです。

ガスト、バーミヤンはもちろん、しゃぶ葉、むさしの森珈琲などでも使えますので、とても嬉しい優待ですね。
すかいらーく株主優待利用可能店舗一覧

このような封筒に入っていました。
私は1,000株保有していましたので、36,000円分入っています!

並べてみるとこんな感じです(^o^)丿

クロス取引諸費用

今回は少しイレギュラーなクロス取引をしています。100株は現物で保有していました。権利落ち後に売却をするつもりで、含み益を確保しつつ、500株はSBI証券にてフライングクロス、残りの500株は楽天証券にて追加クロスをしています。

11/15
100株購入
決算発表後、“優待継続”を確認し、下落していたところを100株購入しました。

〈楽天証券〉

12/4
SBI証券にてフライングクロス
現物保有の100株は権利落ち後に売却するつもりなので、SBI証券で500株の一般信用売建、楽天証券で400株の現物購入をしています。フライングクロスなので現渡しできず、同じ証券会社である必要はありません。よって、楽天証券で現物を購入し、移管もしておりません。

フライングクロス
一般信用の在庫を確実に確保する為に、つなぎ売り開始期間より一日早く、信用売建+現物買付を行うことをフライングクロスといいます。この場合、信用売建分が強制決済となる為、現渡できません。証券会社による強制決済と同時に、権利落ち日の寄付で現物を売却することにより、クロス取引が成立します。現渡出来ない分、取引手数料が余計にかかってしまうので、あまり推奨はできません。なお、現時点ではSBI証券のみで有効です。

〈SBI証券〉

〈楽天証券〉

12/14
楽天証券にて追加クロス
楽天証券にて500株追加クロスをしました。

〈楽天証券〉

12/26
権利落ち後
フライングクロス500株分は(強制)決済、クロス500株分は現渡しを行っています。

〈SBI証券〉

〈楽天証券〉

12/26
最終損益
最終損益は以下の通りです。フライングクロスによって、取引手数料は余計にかかったものの、現物で保有していた100株1699円を1882円で売建てたことから、値幅を183円とることができ、諸費用に充てることができました。このように保有する株式を権利落ち後に売却する予定の際も、クロス取引は使えます。

〈SBI証券〉

〈楽天証券〉

少し複雑なので、諸費用を計算するのはナンセンスかもしれませんが、貸株料の計算をしてみます。

SBI証券:1,882円×500株×3.9%÷365日×29日分≒2,915円
楽天証券:1,921円×500株×3.9%÷365日×17日分≒1,744円

貸株料4,659円に加え、信用取引手数料1,134円(378円×3件分)、現物取引手数料525円がかかりました。よって、実質6,318円の諸費用で、36,000円の優待を獲得することができました。
*今回はややこしいので、楽天のいちにち信用利用分は除いていますm(_ _)m

クロス取引おすすめ度

ガストを中心に、すかいらーくグループの店舗が全国各地にあるので、とても利用しやすい優待ですね。残念ながら近隣にガストしかない我が家も、早速食事をしてまいりました。ちなみに、子どもの分はガスト公式アプリよりLINEクーポンの方がお得でしたよ!

遠出した際に、おしゃれな“むさしの森珈琲”で優待を利用することが、今年の目標です。
なお、12月はフライングクロスしたにも関わらず、終盤までちょこちょこと在庫の補充がありました。その分諸費用がかかってしまいましたが、この優待なら満足です。次回も必ず獲得したい優待でした。

▼ブログランキング参加中です。よろしければクリックください(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA