子どもの近視が心配!ガボール・アイを試してみました

“子どもの視力の低下に歯止めがかからない。”

2021年5月30日付のの日経新聞に報じられているように、近年の子どもの近視は問題化されています。

2019年文部科学省の調査によると、裸眼視力1.0未満の児童生徒は増加傾向にあり、なんと小学校では約35%となっているようです。(2020年はコロナ問題で調査データ公表なし)

もれなくうちの子も、学校より視力検査『C』のお知らせをもらってきてしまいました( ノД`)

mama

A視力1.0以上教室の一番後ろの席からでも黒板の字を楽に読める。
B0.7~0.9教室の後ろの席にいても黒板の文字をほとんど読める。
C0.3~0.6教室の席を前にしてもらえれば何とか見える。
D0.2以下一番前の席に座っても黒板の字は読めない。

一般的には子どもの近視は進行するといわれています。我が家は両親ともに近視なので、遺伝は申し訳ないと思いつつ、まだ低学年なので少しでも近視が進行しないように、生活習慣を気を付けるようになりました。(↓↓あくまでも個人的な見解です)

近視が進行しないために我が家のルール

スマホ・タブレットの使用を制限

眼科医

スマホ・タブレットは見ないようにしてください。

真っ先にお医者さんから言われました。特に子どもの目に負担がかかるそうです。そこまで、利用していたわけではありませんが、(旦那が)待ち時間に動画を見せたり、スマホを貸すことを禁止しました(笑)
子どもたちも貸してもらえないとわかれば、別の方法を考えるので、結果的にはいい機会でした。

目薬

眼科から処方されるものです。寝る前にさすものもあると聞きますが、現在は一日3回『ミオピン』という緑の目薬を点眼しています。うちでは、朝登校前、夕方下校後、夕食後というタイミングです。

目薬の効果について詳しいことはよくわかりませんが…

目の中にあるピントを調節する筋肉に作用することによって、調節機能の異常を改善します。
通常、ピント調節の改善に用いられます。

とのことです。

ガボール・アイ(ガボールパッチ)

あとは、ガボール・アイ(ガボールパッチ)の本を購入し、1日1回やるようにしています。

視力回復トレーニングにもいろいろありますが、近年科学的に検証されている方法だとか。親としては藁にもすがる思いです。。。

ちこmama

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

見るだけで目がよくなるガボールパッチ [ 林田 康隆 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/6/24時点)

娘(姉)

パパと一緒にゲーム感覚でやってるよ☆

他にも、宿題や読書時は定期的に目を休ませる・テレビは見たいものがあるときにだけつける・外遊びの時間をできるだけ増やすなど、生活習慣を少しずつ変えている努力はしています。

mama

実際に何が効いているのかわかりませんが、今のところは順調なのかな。定期的に眼科に通ってフォローしていきたいと思ってます。
▼ブログランキング参加中です。よろしければクリックください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA